Y'sサイエンスクリニック広尾

再生医療に関する主な学会発表(口演)

  1. The Effect of TGF-ß1 and -ß2 on the Corneal Epithelium: Analysis by cDNA Expression Array. SH Hibino; H Watanabe; K Nishida; M Tsujikawa; Y Hayashida; Y Tano. ARVO. Ft Lauderdale, FL December 2002
  2. 角結膜上皮疾患に対する温度応答性培養皿を用いた自己口腔粘膜上皮シート移植術の開発:林田康隆、西田幸二、大和雅之、渡辺克彦、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第19回日本角膜移植学会・第27回日本角膜カンファランス、 2003.2 軽井沢
  3. 角膜疾患に対する培養角膜上皮シート移植法の開発:西田幸二、大和雅之、林田康隆、渡辺克彦、角出泰造、井手武、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第19回日本角膜移植学会・第27回日本角膜カンファランス、 2003.2 軽井沢
  4. 培養角膜上皮シートにおける幹細胞保存状態の検討:渡辺克彦、西田幸治、大和雅之、林田康隆、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第19回日本角膜移植学会・第27回日本角膜カンファランス、 2003.2 軽井沢
  5. 温度応答性培養皿で作成回収した培養角膜内皮細胞シートの細胞外基質:井手武、西田幸二、大和雅之、角出泰造、林田康隆、渡辺克彦、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第19回日本角膜移植学会・第27回日本角膜カンファランス、 2003.2 軽井沢
  6. 温度応答性培養皿を用いたヒト培養角膜内皮シートの回収:角出泰造、西田幸二、大和雅之、井手武、林田康隆、渡辺克彦、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第19回日本角膜移植学会・第27回日本角膜カンファランス、 2003.2 軽井沢
  7. A Novel Tissue Engineering Approach for Ocular Surface Reconstruction using Bioengineered Corneal Epithelial Cell Sheet Grafts from Limbal Stem Cells Expanded ex vivo on a Temperature-responsive Cell Culture Surface. K. Nishida; M. Yamato; Y. Hayashida; K. Watanabe; N. Maeda; H. Watanabe; A. Kikuchi; T. Okano; Y. Tano ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2003
  8. Autologous Transplantation of a Bioengineered Cultivated Oral Epithelial Cell Sheet using a Temperature-responsive Culture Surface for Ocular Surface Reconstruction. Y. Hayashida; K. Nishida; M. Yamato; K. Watanabe; N. Maeda; H. Watanabe; A. Kikuchi; T. Okano; Y. Tano ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2003
  9. 新しい培養細胞シート移植術による角膜上皮再生医療:西田幸二、大和雅之、林田康隆、渡辺克彦、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、田野保雄、第27回日本眼科手術学会、2004.1 東京
  10. 培養角膜上皮シートへの遺伝子導入法の開発:林田康隆、西田幸二、大和雅之、渡辺克彦、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第20回日本角膜移植学会・第28回日本角膜カンファランス、 2004.2 米子
  11. A bioengineered human oral epithelial cell sheet using a temperature–responsive culture surface for autologous ocular surface reconstruction. Y. Hayashida; K. Nishida; M. Yamato; K. Watanabe; K. Yamamoto; N. Maeda; H. Watanabe; A. Kikuchi; T. Okano; Y. Tano ARVO.Ft Lauderdale, FL May 2004
  12. Species–specific proteoglycan histochemistry in the corneal stroma of the mouse. R.D. Young; A.J. Hayes; D. Tudor; B. Kerr; Y. Hayashida; K. Nishida; B. Caterson; A.J. Quantock ARVO.Ft Lauderdale, FL May 2004
  13. 細胞シート工学による角膜再生:西田幸二、大和雅之、林田康隆、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、日本バイオマテリアル学会 シンポジウム2004, 2004.11, 筑波
  14. エキシマレーザー角膜切除術と培養細胞シート移植術による新しい角膜再生治療法の開発:林田康隆、西田幸二、大和雅之、杉山洋章、堀裕一、前田直之、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第21回日本角膜移植学会・第29回日本角膜カンファランス、 2005.2 徳島
  15. エキシマレーザー角膜切除術と培養細胞シート移植術の併用による新しい角膜再生治療法の開発:林田康隆、西田幸二、大和雅之、杉山洋章、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第4回日本再生医療学会総会、2005.03, 大阪
  16. 温度応答性培養皿を用いたヒト培養角膜内皮細胞シートの作成と回収:角出泰造、西田幸二、大和雅之、井出武、林田康隆、前田直之、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第4回日本再生医療学会総会、2005.03, 大阪
  17. 自己口腔粘膜から組織工学的に作製した培養上皮細胞シート移植による角膜再生:西田幸二、大和雅之、林田康隆、渡辺克彦、前田直之、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第4回日本再生医療学会総会、2005.03, 大阪
  18. Corneal Reconstruction Using Tissue- Engineered Epithelial Cell Sheets Kohji Nishida, MD (代役:Yasutaka Hayashida, MD. PhD). World Cornea Congress V, 2005.4.,Washington DC, USA
  19. Ocular Surface Reconstruction With Tissue–Engineered Epithelial Cell Sheets Comprising Autologous Oral Mucosal Epithelium in Patients With Ocular Cicatricial Pemphigoid. K. Nishida; M. Yamato; Y. Hayashida; K. Watanabe; N. Maeda; H. Watanabe; A. Kikuchi; T. Okano; Y. Tano. ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2005
  20. Matrix Alterations in the Corneas of Chst5 Null Mice. A.J. Quantock; Y. Hayashida; N. Beecher; P.N. Lewis; B. Caterson; A. Tanigami; T.O. Akama; M.N. Fukada; Y. Tano; K. Nishida ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2005
  21. Application of Tissue–Engineered Corneal Epithelial Cell Sheet Transplantation to Excimer Laser Keratectomy in Rabbit. Y. Hayashida; K. Nishida; M. Yamato; H. Sugiyama; K. Watanabe; N. Maeda; A. Kikuchi; T. Okano; Y. Tano ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2005
  22. 温度応答性培養皿上で作成したヒト培養角膜内皮シートの家兎眼移植:角出泰造、大和雅之、井手武、林田康隆、Joseph Yang、河野千夏、菊池明彦、前田直之、田野保雄、岡野光夫、西田幸二、第22回日本角膜移植学会・第28回日本角膜カンファランス、2006.2 東京
  23. Isolation and demonstration of limbal epithelial progenitor cells deep in the limbal stroma. Yasutaka Hayashida, MD, PhD. 9th Ocular Surface And Tear Workshop, April 29, 2006.
  24. Isolation and enrichment of human limbal epithelial progenitor cells by rapid adhesion on collagen I substrate. Yasutaka Hayashida, MD, PhD. 9th Ocular Surface And Tear Workshop, April 29, 2006.
  25. Limbal Epithelial Progenitors Lie Deeper Than Dispase Can Isolate and Require Contact With Limbal Niche Cells for Clonal Growth S. G. Tseng; Y. Hayashida; W. Li; Y.-T. Chen; H. He; S.-Y. Chen ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2007
  26. Characterization and Comparison of Intercellular Adherent Junctions in Human Cornea Endothelial Cells in vivo and in vitro Sphere Cultures. Y. Zhu; Y. Hayashida; H. He; S. Chen; Y. Chen; S. C. G. Tseng, ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2008
  27. 27.Responsible Enzymes for Elongation of Corneal Keratan Sulfate Carbohydrate Backbone T. O. Akama; K. Kitayama; Y. Hayashida; K. Nishida ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2008
  28. 温度応答性培養皿 を用いた培養ヒト口腔粘膜上皮シートの作製, 林田康隆,西田幸二,大和雅之,渡辺克彦,前田直之,渡辺仁,菊池明彦,岡野光夫,田野保雄, 第107回日本眼科学会総会 2003.4.17-20 福岡
  29. 温度応答性培養皿 を用いて作製・回収したヒト培養角膜上皮シートの組織化学的検討,西田幸二,大和雅之,林田康隆,渡辺克彦,前田直之,渡辺仁,菊池明彦,岡野光夫,田野保雄, 第107回日本眼科学会総会 2003.4.17-20 福岡
  30. 温度応答性培養皿 上で作成した培養角膜上皮シートにおける幹細胞保存状態の検討, 渡辺克彦,西田幸二,大和雅之,林田康隆,前田直之,渡辺仁,菊池明彦,岡野光夫,田野保雄, 第 6 回日本組織工学会 2003.6.12-13 早稲田
  31. 眼表面再建の為の温度応答性培養皿 を用いた培養ヒトロ口腔粘膜上皮シートの作製, 林田康隆,西田幸二,大和雅之,渡辺克彦,菊池明彦,岡野光夫,田野保雄, 第 6 回日本組織工学会 2003.6.12-13 早稲田
  32. 遺伝子治療への細胞シート応用の可能性, 林田康隆,西田幸二,大和雅之,渡辺克彦,前田直之,渡辺 仁,菊池明彦,岡野光夫,田野保 雄, 第25回日本炎症・再生医学会 2004.7.13-14 東京


ページトップへ