ワイズサイエンスクリニック

Adress :

東京都港区南麻布5-15-27 広尾REEPLEX B's 6F

Google map

Office hours :

診療時間 日/祝
10:30~18:00
(最終受付17:00)
診療時間 10:30~18:00
(最終受付17:00)
日/祝

※予約制です ※駐車スペースあり ※年末年始除く

ご予約

お電話からのご予約も受付けております

D o c t o r s

ドクター紹介

統括院長/医学博士
大阪大学大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療学 特任准教授

日比野 佐和子

Hibino Sawako

エイジマネジメント医療における第一人者的な立場として、最新の抗加齢医療、再生医療では専門的な知識と実績で知名度が高く、国内外のVIPに対する治療を担当し、当院グループをまとめる統括院長です。「エイジマネジメント」と「プレシジョンメディスン:それぞれの患者にあった最適な治療」をテーマに最先端の遺伝子検査を含む予防医療、ゲノム栄養学、分子栄養学指導などと、近年では美容医療でも注目を浴びているプラセンタ療法や幹細胞上清を用いたエクソソーム療法、各種美容皮膚科治療、美容内科治療、がん治療(免疫療法)、ホルモン補充療法、点滴療法など多岐にわたる診療を行っている。 内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会専門医。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、(財)ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長などを歴任。現在はアンチエイジング医療における第一人者的な立場として、「エイジマネジメント」と「プレシジョンメディスン」をテーマにした最先端医療において、基礎研究から臨床まで幅広く国際的に活躍するとともに、テレビや雑誌等メディアでも注目を集める。プラセンタ療法を含む再生医療においてのパイオニアでもある。

当医院における担当領域

■ 幹細胞治療
■ 肌再生治療
■ アンチエイジング内科
■ 美容皮膚科
■一般内科・皮膚科
■ 免疫療法
■ゲノム栄養学

所属学会・団体

■ アジア・オセアニア抗衰老促進協会 理事長
■ 世界中医薬学連合会 理事
■ 国際医科学研究会 副理事長
■ 日本化粧医療学会 副理事長
■ 日本抗加齢医学会 評議員・幹事
■ 国際個別化医療学会 顧問
■ 点滴療法研究会 理事
■ 日本脳サプリメント学会 理事
■ 脳心血管抗加齢研究会 評議員
■ 日本抗加齢医学会専門医
■ 日本内科学会
■ 日本皮膚科学会
■ 日本眼科学会
■ 日本再生医療学会
■ 日本研究皮膚科学会会員
■ World Society of Interdiciplinary Aesthetic & Anti-Aging Medicine (世界抗加齢医学会)認定医
■ 米国抗加齢医学会認定医(A4M)
■ 米国先端医療学会キレーション治療認定医(BPCT)
■ Specialty Committee of Cosmetology of World Federation of Chinese Medicine Societies 理事
■ 米国先端医療学会(ACAM)
■ 米国美容皮膚科学会
■ 米国加齢研究会会員(AAA)
■ ヨーロッパレーザー美容外科学会会員
■ 国際エステティック連盟INFA認定特別講師
■ 国際ホルモン療法学会会員

再生医療に関するセミナー・活動

■ 再生医療に関するセミナー
*細胞再生医療研究会(第9回:2019年8月31日)脂肪・歯髄由来幹細胞培養上清液治療(Cell-free therapy)今後の展望
*中国江蘇省蘇州市15周年イベント(2018年5月29日)日本における幹細胞とプラセンタのアンチエイジング応用
*日本化粧療法医学会(第1回:2019年2月26日)化粧医学の今後の展開 -ゲノム医療から再生医療まで-
*点滴療法研究会 (2019年3月10日)幹細胞培養上清液によるアンチエイジング領域における治療の有効
*点滴療法研究会 特別セミナー(2019年9月8日)アンチエイジング治療におけるCell-free therapy〜プラセンタ治療から幹細胞上清治療まで〜
*日本抗加齢医学会 (シンポジウム28:2014年6月8日(日) ) 「プラセンタ(胎盤および胎盤周囲組織)はアンチエイジングにも:再生医療にも有効」 再生医療の観点から考えたプラセンタ医療
*日本胎盤臨床医学会 (第20回:2016年10月9日) 指定演題:再生医療の観点から考えたプラセンタ医療
*日本食品・機械研究会 (第14回フォーラム:2016年9月23日)プラセンタおよびプラセンタ抽出物の最近の知見
*国際医科学研究会 (第13回フォーラム:2016年12月11日)再生医療におけるプラセンタ由来の機能性ペプチドの可能性〜成長因子から機能性ペプチドの時代へ〜
*12th AMWC Aesthetic & Anti-Aging Medicine World Congress ( Session: Anti-Aging for Appearance: September 27, 2014 in Singapore ) Placenta for Anti-Aging
*15th AMWC Aesthetic & Anti-Aging Medicine World Congress (Session: REGENERATIVE AESTHETICS – WHERE ARE WE NOW?:April 06, 2017 in Monaco) Possibilities of Bio-Active Peptide derived from placental extract for the skin
*17th AMWC Aesthetic & Anti-Aging Medicine World Congress (Session: NATURAL ANTI-AGING SOLUTIONS :April 04, 2019 in Monaco)Application of Stem Cells for regenerative medicine: Progress and Perspectives
再生医療に関する活動
特定認定再生医療等委員会委員(2019年3月〜現在)
第3回認定再生医療等委員会教育研修会受講修了(2020年1月13日)

■ 代表論文
Yoshimoto S, Ohagi Y, Yoshida M, Yanagi H, Hibino S, Ichihashi M, Ando H. Placental Extracts Regulate Melanin Synthesis in Normal Human Melanocytes eith Alterrations of Mitochondrial respiration. Exp Dermatol. Feb;28 Suppl 1:50-54, 2019.
Hideto Shimokobe, Yoshio Sumida, Sawako Hibino, Toshikazu Yoshikawa Human placental extract treatment for non-alcoholic steatohepatitis non-responsive to lifestyle intervention: A pilot study. Hepatology Research. 45(9): 939–1046 2016.
Yoshio Sumida, Sonoko Sakuragi, Sawako Hibino, Masanori Furutani Distribution of FIB4 Index in Japanese Nonalcoholic Fatty Liver Disease Population: a Multi-center Study. Ningen Dock Int. 2(2):90-92,2015.
Shimokobe H, Sumida Y, Tanaka S, Mori K, Kitamura Y, Fukumoto K, Kakutani A, Ohno T, Kanemasa K, Imai S, Hibino S, Yoshikawa T. Human Placental extract treatment for non-alcoholic steatohepatitis non-responsive to lifestyle intervenetion: A pilot study. Hepatol Res. Sep;45(9):1034-1040, 2015.
日比野佐和子  堺則康  高田香織  下田貴子 大野木宏 ガゴメ昆布フコイダン配合育毛料の毛髪と頭皮への効果 FRAGRANCE JOURNAL  10,66-71,2012.
日比野佐和子 統合医療におけるプラセンタ療法の実際 Anti-aging Science 4(3): 232-232, 2012.
日比野佐和子 統合医療における中医食療法士 (特集 薬膳)   Current Status of Chinese food therapy in Traditional medicine 医と食 3(6), 301-304, 2011.
Sumida Y, Yonei Y, Kanemasa K, Hara T, Inada Y, Sakai K, Imai S, Hibino S, Yamaguchi K, Mitsuyoshi H, Yasui K, Minami M, Itoh Y, Naito Y, Yoshikawa T, Okanoue T. Lower circulating levels of dehydroepiandrosterone, independent of insulin resistance, is an important determinant of severity of non-alcoholic steatohepatitis in Japanese patients. Hepatol Res. Sep;40(9):901-10, 2010
Hibino S, Hamada U, Takahashi H, Watanabe M, Nozato N, Yonei Y. Effects of dried brewer’s yeast on skin and QOL: A single-blind placebo-controlled clinical study of 8-week treatment. Anti-Aging Medicine 7 (4) : 18-25, 2010.
日比野佐和子 統合医療としての植物療法‐東洋医学からのアプローチ- FRAGRANCE JOURNAL 9,69-74,2009.
日比野佐和子, 梁広石, 津田裕士, 米井嘉一 高LDLコレステロール血症境界領域男性に対する二重濾過血漿交換療法(Double Filtration Plasmapheresis:DFPP)の影響~脂質除去と炎症鎮静化~ アンチ・エイジング医学 5(5): 758-759, 2009
Fujioka N, Hibino S, Wakahara A, Kawagishi T, Taku K, Mizuno S, Watanabe S, Takahashi H, Hamada U, Takahashi Y, Yonei Y. Effects of Various Soap Elements on Skin. Anti-Aging Medicine 6 (12) : 109-118, 2009.
Iwabayashi M, Fujioka N, Nomoto K, Miyazaki R,Takahashi H, Hibino S, Takahashi Y, Nishikawa K, Nishida M, Yonei Y. Efficacy and safety of eight-week treatment with astaxanthin in individuals screened for increased oxidative stress burden. Anti-Aging Medicine 6(4):15-21, 2009.
Hibino S, Yang K.S, Tsuda H, Yonei Y. Effect of double filtration plasmapheresis (DFPP) in male patients with borderline hyper-LDL-cholesterolemia : Lipid removal and inflammation Suppression. Anti-Aging Medicine 6(6):32-40, 2009.
Yonei Y, Iwabayashi M, Fujioka N, Nomoto K, Miyazaki R, Hibino S, Takahashi Y, Mochizuki T, Takahashi H,, Mizuno S, Yamamoto R, Yanai T. Evaluation of effects of cassis(Ribes nigrum L.)juice on human vascular function and gene expression using a microrray system. Anti-Aging Medicine 6(5):22-31, 2009.
Yonei Y, Takahashi Y, Hibino S. Senile degeneration and the future prospects of anti-aging medicine. Nihon Rinsho. 2009 Jul; 67(7):1256-60.
Yonei Y, Takahashi Y, Hibino S, Watanabe M, Yoshikawa T. Effects on the human body of a dietary supplement containing L-Carnitine and Garcinia cambogia extract: A study using double-blind tests. J Clin Biochem Nutr. 2008 Mar;42(2):89-103.
Yonei Y, Takahashi Y, Hibino S. Hormone replacement up-to-date. Hormone replacement therapy in anti-aging medicine. Clin Calcium. 2007 Sep;17(9):1400-6.
Taniguchi Y, Tsujikawa M, Hibino S, Tsujikawa K, Tanaka T, Kiridoushi A, Tano Y. A Novel Missense Mutation in a Japanese Patient with Gelatinous Droplike Corneal Dystrophy. Am J Ophthalmol. Jan;139(1):186-8, 2005.
Sou R, Oku N, Ohguro N, Hibino S, Fujikado T, Tano Y. The Clinical Role of N-isopropyl-p-[123]-iodoamphetamine Single Photon Emission Computed Tomography in the Follow-up of Choroidal Melanoma after Radiotherapy. Jpn J Ophthalmol. Jan-Feb;48(1):54-8, 2004.
Serrano D, Hibino S, Nishida K, Maeda N, Tano Y. Electron microscopy of the epithelial flap created by ethanol treatment in the rabbit corneal epithetium. J Cataract Refract Surg. 2003 Jul;29(7):1389-96.
Hibino SH, Watanabe H. Mucins and ocular surface disease. Adv Exp Med Biol. 2001;506(Pt A): 275-81.
Ikuno Y, Hibino S, Bando H, Kawasaki Y, Nakamura T, Tano Y. Retinal glial cells stimulate microvascular pericyte proliferation via fibroblast growth factor and platelet-derived growth factor in vitro. Jpn J Ophthalmol. 2002 Jul-Aug; 46(4):413-18.

メディア出演情報・書籍

■ その他の主な業績(書籍)
劉大器、那須正則、日比野佐和子 漢方と食餌療法(特集 薬膳と野菜の抗酸化能)医と食 8(2),75-78,2016.
日比野佐和子  堺則康  高田香織  下田貴子 大野木宏 特別企画 医師である私ががんになったら(第36回)統合医療でがんに克つ:「がん難民」をつくらないために標準治療 『統合医療でがんに克つ』 (94),30-32,2016.
本間 龍介 , 日比野 佐和子 , 渡邊 昌 鼎談 アンチエイジングと食事療法 医と食 8(2), 66-73, 2016
日比野佐和子 病院トップ訪問(第95回)日比野佐和子 医療法人再生未来Rサイエンスクリニック広尾院長 診療科にとらわれない「エイジマネジメント」を提供 MediCon:medical confidential 9(7),14-16,2016.
日比野佐和子 東西の融合を目指す植物療法 東洋医学からみた植物療法とその応用―フランスにおける植物療法― 医と食 5(1), 26-30, 2013.
辻村 貴弘 , 日比野 佐和子, 花岡 淑子 アンチエイジングクリニック訪問 グランソール奈良 アンチ・エイジング医学 7(3), 414-418, 2011.
日比野佐和子 100歳まで生きるための本100選(第34選)『太らない、病気にならない、おいしいダイエット』ウォルター・C・ウィレット著 前田和久訳 アンチ・エイジング医学 7(3), 426-428, 2011.
藤岡紀子, 日比野佐和子, 若原綾子, 川岸崇裕, 卓興鋼, 水野正一, 渡邊昌, 高橋穂澄, 浜田梅之井, 高橋洋子, 米井嘉一 石鹸成分の違いによる肌への影響 アンチ・エイジング医学 6(2): 258-258, 2010.
米井嘉一, 八木雅之, 日比野佐和子, 松浦信康 ハーブエキスのメイラード反応抑制とストレプトゾトシン誘導糖尿病ラットにおける糖尿病性合併症軽減作用 アンチ・エイジング医学 5(2): 275-275, 2009.
米井嘉一, 岩林正明, 藤岡紀子, 埜本慶太郎, 宮崎亮, 日比野佐和子, 高橋洋子, 望月俊男, 高橋穂澄, 浜田梅乃井, 水野正一, 渡邊昌, 高田良二, 山本玲子, 矢内隆章 カシス(Ribes nigrum L.)果汁のヒト血管機能への作用およびマイクロアレイを用いた遺伝子発現の検討 アンチ・エイジング医学 5(5): 758-758, 2009.
岩林正明, 藤岡紀子, 埜本慶太郎, 宮崎亮, 高橋穂澄, 日比野佐和子, 高橋洋子, 西川浩司, 米井嘉一 スクリーニングされた酸化ストレス負荷強者に対するアスタキサンチン8週間投与の効果および安全性 アンチ・エイジング医学 5(6): 920-920, 2009.
米井嘉一, 岩林正明, 日比野佐和子, 高橋洋子, 高橋穂澄, 浜田梅之井, 望月俊男, 高田良二, 山本玲子 矢内隆章 カシス(Ribes nigrum L.)果汁の体表面温度および血管機能への影響 アンチ・エイジング医学 30(5): 813-827, 2009.
米井嘉一, 高橋洋子, 日比野佐和子 【抗加齢医学から心血管障害を考える】アンチエイジング医療の現状】 分子心血管病 9(2): 129-135, 2008.
米井嘉一, 高橋洋子, 日比野佐和子, 渡邊美和子, 吉川敏一 歩数計使用によるウォーキングのQOL・加齢に関連する諸症状への影響 アンチ・エイジング医学 4(2): 271-271, 2008.
日比野佐和子, 米井嘉一, 高橋洋子, 高橋穂澄, 望月俊男, 矢澤良和, 水野正一, 渡邊昌, 千賀富士敏, 安孫子幸子 超短波治療器を用いた5日間連続理学療法の生体への影響 Therapeutic Research 29(11): 1979-1992, 2008.
日比野佐和子, 高橋洋子, 米井嘉一, 高橋穂澄, 市橋正光, 矢澤良和, 望月俊男, 水野正一, 渡邊昌, 高田良二, 山本玲子, 矢内隆章 カシス(Ribes nigrum L. )果汁の心身および皮膚への影響 Therapeutic Research 29(11): 1963-1977, 2008.
日比野佐和子, 米井嘉一, 高橋洋子, 高橋穂澄, 市橋正光, 望月俊男, 矢澤良和, 水野正一, 渡邊昌 女性ボランティアにおけるα-リポ酸短期間摂取の心身への影響と安全性 Therapeutic Research 29(11): 1947-1961, 2008
米井 嘉一 , 高橋 洋子 , 日比野 佐和子 アンチエイジングにおける運動療法の位置づけ(シンポジウム7:アンチエイジングにおける体力医学の役割-最新抗加齢体力医学-) 体力科學 34(9): 1240-1248, 2008
米井 嘉一 , 日比野佐和子 アンチエイジングと糖尿病–いつまでも若々しく保つコツ (特集 いま注目! 現場で役立つ糖尿病の看護ケア) 臨床看護 34(9): 1240-1248, 2008.
Yonei Y, Miwa Y, Hibino S, Takahashi Y, Miyazaki R, Yoshikawa T, Moriwaki H Japanese anthropometric reference data: special emphasis on bioelectrical impedance analysis of muscle mass. Anti-Aging Medicine 5(6):63-72, 2008.
Yonei Y, Takahashi Y, Hibino S, Watanabe M, Yoshikawa T. The effects of walking on quality of life and various symptoms and issues relating to aging. Anti-Aging Medicine 5(1):22-29, 2008.
Yonei Y, Yagi M, Hibino S, Matsuura N. Herbal extracts inhibit maillard reaction, and reduce chronic diabetic complications risk in streptozotocin-induced diabetic rats. Anti-Aging Medicine 5(10): 93-98, 2008.
日比野佐和子, 高橋 洋子 , 米井 嘉一 海外だより(Volume 1)ハートゲ先生 アンチ・エイジング医学 4(1), 101-103, 2008.
井上幸次・日比野佐和子 感染性角膜炎全国サーベイランス-分離菌・患者背景・治療の現況- 日本眼科学会雑誌 110(12):961-972,2006.
日比野佐和子 「角結膜上皮障害 難治性角結膜上皮障害と幹細胞疲弊症 移植片宿主病(GVHD)」 角膜疾患 外来でこう診てこう治せII/メディカルビュー社 102-103, 2005.
日比野佐和子 角膜感染症.細菌感染症:緑膿菌 角膜疾患 外来でこう診てこう治せII/メディカルビュー社 134-135, 2005.
日比野佐和子、渡辺仁 視力、レフラクトメーター・眼圧測定 すぐに役立つ眼科診療の知識/ 角膜・結膜・眼瞼・涙器/金原出版 20-29, 2005.
日比野佐和子 アカントアメーバ角膜炎における放射状角膜神経炎およびシスト あたらしい眼科 21(1): 51-52, 2004.
日比野佐和子、稲富勉  「前眼部疾患のトラブルシューティング 診断誤診トラブルの回避。角結膜瘢痕/保存的に診るか?手術するか?」 眼科診療プラクティス 101:69-70,2003.
日比野佐和子、稲富勉 「幹細胞疲弊」 眼科診療プラクティス 101:67-68,2003.
日比野佐和子、稲富勉 「前眼部疾患のトラブルシューティング:幹細胞って何?」 眼科診療プラクティス 101:65-66,2003.
日比野佐和子、稲富勉 特集/主訴からみた眼科疾患の診断と治療:異物感」 特集/主訴からみた眼科疾患の診断と治療/眼科 45:1687-1695, 2003.
日比野佐和子 DNAアレイ技術を用いた眼科領域における遺伝子発現モニタリング あたらしい眼科 20(3) : 351-353,2003.
日比野佐和子 「外来でよくある質問に答えます!」 眼科ケア/メディカ出版 4(9) :22-26,2002.
日比野佐和子 ウイルス性ぶどう膜炎による続発緑内障の診断と治療 眼科 44, 947-961, 2002.
日比野佐和子、西田幸二 薬物による内皮障害(向精神薬、緑内障薬)眼科診療プラクティス/文光堂 88:32-33, 2002
日比野佐和子,山本修士 角膜ぶどう膜炎 あたらしい眼科 19(8): 1017-1025, 2002.
日比野 佐和子 , 大鳥 安正 , 渡辺 仁 , 吉田 豊 , 田野 保雄 人間ドックにおける緑内障検診の検討 日本眼科紀要 52(8), 652-655, 2001.
メディア・取材に関する
お問合せはこちらから
理事長・院長/医学博士
長崎大学大学院医歯薬総合研究科神経機能学分野 客員准教授

林田 康隆

Hayashida Yasutaka

「日本再生医療学会認定医・Alma Laser社LipoLife認定医及び指導医。 究極のアンチエイジングでもある再生医療のスペシャリストで、当院グループを取りまとめる理事長です。 過去、大阪大学大学院医学系研究科及び米国フロリダ州マイアミ・オキュラーサーフェスセンターにて眼表面および間葉系細胞の幹細胞研究に携わっておりました。 実際の細胞培養の経験も豊富で、日本再生医療学会認定医でもあります。現在は、主に名古屋で難治性白内障手術や網膜硝子体手術、眼形成手術に「取り組む傍ら、眼科領域に留まらず、当院では肌再生治療や脂肪幹細胞療法、免疫療法を実施。メディアにおいても活躍中。」

当医院における担当領域

■ 幹細胞治療
■ 肌再生治療
■ 目周りのメイキング治療
■ 美容皮膚科
■ 免疫療法

所属学会・団体

■ 大阪警察病院眼科手術顧問
■ 世界中医薬学連合会 理事
■ 日本眼科学会認定眼科専門医
■ 日本眼科学会
■ 日本角膜学会
■ 日本眼科手術学会
■ 日本アンチエイジング外科学会
■ 日本医療アートメイク学会
■ 日本抗加齢医学会
■ 日本再生医療学会
■ 日本炎症再生医学会

再生医療に関するセミナー・活動

■ 再生医療に関するセミナー
*細胞再生医療研究会(第9回:2019年8月31日)脂肪・歯髄由来幹細胞培養上清液治療(Cell-free therapy)今後の展望
*中国江蘇省蘇州市15周年イベント(2018年5月29日)日本における幹細胞とプラセンタのアンチエイジング応用
*日本化粧療法医学会(第1回:2019年2月26日)化粧医学の今後の展開 -ゲノム医療から再生医療まで-
*点滴療法研究会 (2019年3月10日)幹細胞培養上清液によるアンチエイジング領域における治療の有効
*点滴療法研究会 特別セミナー(2019年9月8日)アンチエイジング治療におけるCell-free therapy〜プラセンタ治療から幹細胞上清治療まで〜
*日本抗加齢医学会 (シンポジウム28:2014年6月8日(日) ) 「プラセンタ(胎盤および胎盤周囲組織)はアンチエイジングにも:再生医療にも有効」 再生医療の観点から考えたプラセンタ医療
*日本胎盤臨床医学会 (第20回:2016年10月9日) 指定演題:再生医療の観点から考えたプラセンタ医療
*日本食品・機械研究会 (第14回フォーラム:2016年9月23日)プラセンタおよびプラセンタ抽出物の最近の知見
*国際医科学研究会 (第13回フォーラム:2016年12月11日)再生医療におけるプラセンタ由来の機能性ペプチドの可能性〜成長因子から機能性ペプチドの時代へ〜
*12th AMWC Aesthetic & Anti-Aging Medicine World Congress ( Session: Anti-Aging for Appearance: September 27, 2014 in Singapore ) Placenta for Anti-Aging
*15th AMWC Aesthetic & Anti-Aging Medicine World Congress (Session: REGENERATIVE AESTHETICS – WHERE ARE WE NOW?:April 06, 2017 in Monaco) Possibilities of Bio-Active Peptide derived from placental extract for the skin
*17th AMWC Aesthetic & Anti-Aging Medicine World Congress (Session: NATURAL ANTI-AGING SOLUTIONS :April 04, 2019 in Monaco)Application of Stem Cells for regenerative medicine: Progress and Perspectives
再生医療に関する活動
特定認定再生医療等委員会委員(2019年3月〜現在)
第3回認定再生医療等委員会教育研修会受講修了(2020年1月13日)

■ 代表論文
Yoshimoto S, Ohagi Y, Yoshida M, Yanagi H, Hibino S, Ichihashi M, Ando H. Placental Extracts Regulate Melanin Synthesis in Normal Human Melanocytes eith Alterrations of Mitochondrial respiration. Exp Dermatol. Feb;28 Suppl 1:50-54, 2019.
Hideto Shimokobe, Yoshio Sumida, Sawako Hibino, Toshikazu Yoshikawa Human placental extract treatment for non-alcoholic steatohepatitis non-responsive to lifestyle intervention: A pilot study. Hepatology Research. 45(9): 939–1046 2016.
Yoshio Sumida, Sonoko Sakuragi, Sawako Hibino, Masanori Furutani Distribution of FIB4 Index in Japanese Nonalcoholic Fatty Liver Disease Population: a Multi-center Study. Ningen Dock Int. 2(2):90-92,2015.
Shimokobe H, Sumida Y, Tanaka S, Mori K, Kitamura Y, Fukumoto K, Kakutani A, Ohno T, Kanemasa K, Imai S, Hibino S, Yoshikawa T. Human Placental extract treatment for non-alcoholic steatohepatitis non-responsive to lifestyle intervenetion: A pilot study. Hepatol Res. Sep;45(9):1034-1040, 2015.
日比野佐和子  堺則康  高田香織  下田貴子 大野木宏 ガゴメ昆布フコイダン配合育毛料の毛髪と頭皮への効果 FRAGRANCE JOURNAL  10,66-71,2012.
日比野佐和子 統合医療におけるプラセンタ療法の実際 Anti-aging Science 4(3): 232-232, 2012.
日比野佐和子 統合医療における中医食療法士 (特集 薬膳)   Current Status of Chinese food therapy in Traditional medicine 医と食 3(6), 301-304, 2011.
Sumida Y, Yonei Y, Kanemasa K, Hara T, Inada Y, Sakai K, Imai S, Hibino S, Yamaguchi K, Mitsuyoshi H, Yasui K, Minami M, Itoh Y, Naito Y, Yoshikawa T, Okanoue T. Lower circulating levels of dehydroepiandrosterone, independent of insulin resistance, is an important determinant of severity of non-alcoholic steatohepatitis in Japanese patients. Hepatol Res. Sep;40(9):901-10, 2010
Hibino S, Hamada U, Takahashi H, Watanabe M, Nozato N, Yonei Y. Effects of dried brewer’s yeast on skin and QOL: A single-blind placebo-controlled clinical study of 8-week treatment. Anti-Aging Medicine 7 (4) : 18-25, 2010.
日比野佐和子 統合医療としての植物療法‐東洋医学からのアプローチ- FRAGRANCE JOURNAL 9,69-74,2009.
日比野佐和子, 梁広石, 津田裕士, 米井嘉一 高LDLコレステロール血症境界領域男性に対する二重濾過血漿交換療法(Double Filtration Plasmapheresis:DFPP)の影響~脂質除去と炎症鎮静化~ アンチ・エイジング医学 5(5): 758-759, 2009
Fujioka N, Hibino S, Wakahara A, Kawagishi T, Taku K, Mizuno S, Watanabe S, Takahashi H, Hamada U, Takahashi Y, Yonei Y. Effects of Various Soap Elements on Skin. Anti-Aging Medicine 6 (12) : 109-118, 2009.
Iwabayashi M, Fujioka N, Nomoto K, Miyazaki R,Takahashi H, Hibino S, Takahashi Y, Nishikawa K, Nishida M, Yonei Y. Efficacy and safety of eight-week treatment with astaxanthin in individuals screened for increased oxidative stress burden. Anti-Aging Medicine 6(4):15-21, 2009.
Hibino S, Yang K.S, Tsuda H, Yonei Y. Effect of double filtration plasmapheresis (DFPP) in male patients with borderline hyper-LDL-cholesterolemia : Lipid removal and inflammation Suppression. Anti-Aging Medicine 6(6):32-40, 2009.
Yonei Y, Iwabayashi M, Fujioka N, Nomoto K, Miyazaki R, Hibino S, Takahashi Y, Mochizuki T, Takahashi H,, Mizuno S, Yamamoto R, Yanai T. Evaluation of effects of cassis(Ribes nigrum L.)juice on human vascular function and gene expression using a microrray system. Anti-Aging Medicine 6(5):22-31, 2009.
Yonei Y, Takahashi Y, Hibino S. Senile degeneration and the future prospects of anti-aging medicine. Nihon Rinsho. 2009 Jul; 67(7):1256-60.
Yonei Y, Takahashi Y, Hibino S, Watanabe M, Yoshikawa T. Effects on the human body of a dietary supplement containing L-Carnitine and Garcinia cambogia extract: A study using double-blind tests. J Clin Biochem Nutr. 2008 Mar;42(2):89-103.
Yonei Y, Takahashi Y, Hibino S. Hormone replacement up-to-date. Hormone replacement therapy in anti-aging medicine. Clin Calcium. 2007 Sep;17(9):1400-6.
Taniguchi Y, Tsujikawa M, Hibino S, Tsujikawa K, Tanaka T, Kiridoushi A, Tano Y. A Novel Missense Mutation in a Japanese Patient with Gelatinous Droplike Corneal Dystrophy. Am J Ophthalmol. Jan;139(1):186-8, 2005.
Sou R, Oku N, Ohguro N, Hibino S, Fujikado T, Tano Y. The Clinical Role of N-isopropyl-p-[123]-iodoamphetamine Single Photon Emission Computed Tomography in the Follow-up of Choroidal Melanoma after Radiotherapy. Jpn J Ophthalmol. Jan-Feb;48(1):54-8, 2004.
Serrano D, Hibino S, Nishida K, Maeda N, Tano Y. Electron microscopy of the epithelial flap created by ethanol treatment in the rabbit corneal epithetium. J Cataract Refract Surg. 2003 Jul;29(7):1389-96.
Hibino SH, Watanabe H. Mucins and ocular surface disease. Adv Exp Med Biol. 2001;506(Pt A): 275-81.
Ikuno Y, Hibino S, Bando H, Kawasaki Y, Nakamura T, Tano Y. Retinal glial cells stimulate microvascular pericyte proliferation via fibroblast growth factor and platelet-derived growth factor in vitro. Jpn J Ophthalmol. 2002 Jul-Aug; 46(4):413-18.

メディア出演情報・書籍

■ 書籍
「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真」 アスコム
「貼るだけで目がよくなるすごい写真」 アスコム
「1日1分! 美しい写真と楽しむ 読むだけで目がよくなる37の名文」PHP出版
「眼科医が考えた! 見るだけで目がよくなる! どうぶつの赤ちゃん写真 」宝島社
「眼科ケア2011年4月号;”たとえイラスト”でわかる!眼科手術の原理【最終回】角膜上皮細胞シート移植」 メディカ出版
「眼科医は市販の目薬をささない」廣済堂出版
「40歳から目がよくなる習慣」青春出版社
「1日1分、2週間日比野&林田式眼トレ」KKベストセラーズ (監修)
「スッキリ!ぐっすり眠れる!眼科医が考えた!温冷アイマスク」宝島社(監修)
「目がよくなる眼トレなぞり書き帳」マイナビ(監修)
「日めくりまいにち、眼トレ 1 および 2」扶桑社(監修)
「日めくり写真で眼トレ」扶桑社(監修)
「老眼を自分で治す!眼球トレーニング」 宝島社(監修)
「目がよくなる魔法のぬり絵 1 および 2」扶桑社(作画・監修)
「目がよくなると10歳若返る」ゴマブックス(監修)
「ぐんぐん目がよくなるあそブック」東京書店(監修)
「見るだけで目がよくなるどうぶつの赤ちゃん写真」宝島社(監修)
「Dr.クロワッサン 30日の眼トレブック」マガジンハウス(監修)
他多数

■ テレビ
「世界一受けたい授業」3月9日 2019年 日本テレビ
「この差って何ですか?」2月12日 2019年 TBS
「ヒルナンデス!2月21日」眼トレ紹介 2019年 日本テレビ
「ヒルナンデス!12月6日」眼トレ 2018年 日本テレビ
「こんな私は何を食べればいいですか?」11月26日 2018年 TBS
「ホンマでっか!?TV」眼特集 2018年 フジテレビ
「ヒルナンデス!11月8日」FAQなんです:眼トレ 2018年 日本テレビ
「あなたのことはそれほど」 TBS 2017年 (テレビドラマ医療監修)
「中居正広のミになる図書館」 2016年 テレビ朝日
「なないろ日和!」 2016年 テレビ東京
「中居正広のミになる図書館」 2015年 テレビ朝日


■ ラジオ
「玉川美沙ハピリー」2017年9月16日文化放送

■ 雑誌
「からだにいいもの大賞」2018年 anan
「”生き生き目元”をずっとキープするためのグラン世代の早期老眼対策」 2018年 美的GRAND
「肩こり・首こり・腰痛・もやもや・頭痛、体&心 女性の不調解消BOOK」2018年 日経ヘルス
「ねこ眼トレ」2018年 saita
「よくなるセルフ眼トレ」2017年 からだにいいこと
「目を癒す」2017年 美ST
「見るだけでOKってホント⁈噂の目がよくなる写真って知ってる?」2017年 Zookies
「1日10回で老眼がみるみる改善!」 2016年 女性セブン
「ちょい足し習慣④:『眼トレ』」 2016年 日経ヘルス
「一番大事な『目の話』」 2016年 双葉社 快活60
「目のトラブルを、こじらせていませんか?」 2016年 美的7月号
「スマホ老眼を噂の『眼トレ』で治せ‼︎」 2016年 週刊プレーボーイ
「毎日3分スマホ老眼防止」 2016年 女性自身
「老眼スローダウン大作戦」 2015年 週刊女性
「老眼鏡よ、さらば!」 2015年 美ST12月号
「1日1食派 vs 1日5食派 長生きするのはどっちだ」2014年 週刊現代
他多数

■ 再生医療に関する主な学会発表(口演)
The Effect of TGF-ß1 and -ß2 on the Corneal Epithelium: Analysis by cDNA Expression Array. SH Hibino; H Watanabe; K Nishida; M Tsujikawa; Y Hayashida; Y Tano. ARVO. Ft Lauderdale, FL December 2002
角結膜上皮疾患に対する温度応答性培養皿を用いた自己口腔粘膜上皮シート移植術の開発:林田康隆、西田幸二、大和雅之、渡辺克彦、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第19回日本角膜移植学会・第27回日本角膜カンファランス、 2003.2 軽井沢
角膜疾患に対する培養角膜上皮シート移植法の開発:西田幸二、大和雅之、林田康隆、渡辺克彦、角出泰造、井手武、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第19回日本角膜移植学会・第27回日本角膜カンファランス、 2003.2 軽井沢
培養角膜上皮シートにおける幹細胞保存状態の検討:渡辺克彦、西田幸治、大和雅之、林田康隆、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第19回日本角膜移植学会・第27回日本角膜カンファランス、 2003.2 軽井沢
温度応答性培養皿で作成回収した培養角膜内皮細胞シートの細胞外基質:井手武、西田幸二、大和雅之、角出泰造、林田康隆、渡辺克彦、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第19回日本角膜移植学会・第27回日本角膜カンファランス、 2003.2 軽井沢
温度応答性培養皿を用いたヒト培養角膜内皮シートの回収:角出泰造、西田幸二、大和雅之、井手武、林田康隆、渡辺克彦、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第19回日本角膜移植学会・第27回日本角膜カンファランス、 2003.2 軽井沢
A Novel Tissue Engineering Approach for Ocular Surface Reconstruction using Bioengineered Corneal Epithelial Cell Sheet Grafts from Limbal Stem Cells Expanded ex vivo on a Temperature-responsive Cell Culture Surface. K. Nishida; M. Yamato; Y. Hayashida; K. Watanabe; N. Maeda; H. Watanabe; A. Kikuchi; T. Okano; Y. Tano ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2003
Autologous Transplantation of a Bioengineered Cultivated Oral Epithelial Cell Sheet using a Temperature-responsive Culture Surface for Ocular Surface Reconstruction. Y. Hayashida; K. Nishida; M. Yamato; K. Watanabe; N. Maeda; H. Watanabe; A. Kikuchi; T. Okano; Y. Tano ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2003
新しい培養細胞シート移植術による角膜上皮再生医療:西田幸二、大和雅之、林田康隆、渡辺克彦、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、田野保雄、第27回日本眼科手術学会、2004.1 東京
培養角膜上皮シートへの遺伝子導入法の開発:林田康隆、西田幸二、大和雅之、渡辺克彦、前田直之、渡辺仁、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第20回日本角膜移植学会・第28回日本角膜カンファランス、 2004.2 米子
A bioengineered human oral epithelial cell sheet using a temperature–responsive culture surface for autologous ocular surface reconstruction. Y. Hayashida; K. Nishida; M. Yamato; K. Watanabe; K. Yamamoto; N. Maeda; H. Watanabe; A. Kikuchi; T. Okano; Y. Tano ARVO.Ft Lauderdale, FL May 2004
Species–specific proteoglycan histochemistry in the corneal stroma of the mouse. R.D. Young; A.J. Hayes; D. Tudor; B. Kerr; Y. Hayashida; K. Nishida; B. Caterson; A.J. Quantock ARVO.Ft Lauderdale, FL May 2004
細胞シート工学による角膜再生:西田幸二、大和雅之、林田康隆、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、日本バイオマテリアル学会 シンポジウム2004, 2004.11, 筑波
エキシマレーザー角膜切除術と培養細胞シート移植術による新しい角膜再生治療法の開発:林田康隆、西田幸二、大和雅之、杉山洋章、堀裕一、前田直之、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第21回日本角膜移植学会・第29回日本角膜カンファランス、 2005.2 徳島
エキシマレーザー角膜切除術と培養細胞シート移植術の併用による新しい角膜再生治療法の開発:林田康隆、西田幸二、大和雅之、杉山洋章、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第4回日本再生医療学会総会、2005.03, 大阪
温度応答性培養皿を用いたヒト培養角膜内皮細胞シートの作成と回収:角出泰造、西田幸二、大和雅之、井出武、林田康隆、前田直之、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第4回日本再生医療学会総会、2005.03, 大阪
自己口腔粘膜から組織工学的に作製した培養上皮細胞シート移植による角膜再生:西田幸二、大和雅之、林田康隆、渡辺克彦、前田直之、菊池明彦、岡野光夫、田野保雄、第4回日本再生医療学会総会、2005.03, 大阪
Corneal Reconstruction Using Tissue- Engineered Epithelial Cell Sheets Kohji Nishida, MD (代役:Yasutaka Hayashida, MD. PhD). World Cornea Congress V, 2005.4.,Washington DC, USA
Ocular Surface Reconstruction With Tissue–Engineered Epithelial Cell Sheets Comprising Autologous Oral Mucosal Epithelium in Patients With Ocular Cicatricial Pemphigoid. K. Nishida; M. Yamato; Y. Hayashida; K. Watanabe; N. Maeda; H. Watanabe; A. Kikuchi; T. Okano; Y. Tano. ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2005
Matrix Alterations in the Corneas of Chst5 Null Mice. A.J. Quantock; Y. Hayashida; N. Beecher; P.N. Lewis; B. Caterson; A. Tanigami; T.O. Akama; M.N. Fukada; Y. Tano; K. Nishida ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2005
Application of Tissue–Engineered Corneal Epithelial Cell Sheet Transplantation to Excimer Laser Keratectomy in Rabbit. Y. Hayashida; K. Nishida; M. Yamato; H. Sugiyama; K. Watanabe; N. Maeda; A. Kikuchi; T. Okano; Y. Tano ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2005
温度応答性培養皿上で作成したヒト培養角膜内皮シートの家兎眼移植:角出泰造、大和雅之、井手武、林田康隆、Joseph Yang、河野千夏、菊池明彦、前田直之、田野保雄、岡野光夫、西田幸二、第22回日本角膜移植学会・第28回日本角膜カンファランス、2006.2 東京
Isolation and demonstration of limbal epithelial progenitor cells deep in the limbal stroma. Yasutaka Hayashida, MD, PhD. 9th Ocular Surface And Tear Workshop, April 29, 2006.
Isolation and enrichment of human limbal epithelial progenitor cells by rapid adhesion on collagen I substrate. Yasutaka Hayashida, MD, PhD. 9th Ocular Surface And Tear Workshop, April 29, 2006.
Limbal Epithelial Progenitors Lie Deeper Than Dispase Can Isolate and Require Contact With Limbal Niche Cells for Clonal Growth S. G. Tseng; Y. Hayashida; W. Li; Y.-T. Chen; H. He; S.-Y. Chen ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2007
Characterization and Comparison of Intercellular Adherent Junctions in Human Cornea Endothelial Cells in vivo and in vitro Sphere Cultures. Y. Zhu; Y. Hayashida; H. He; S. Chen; Y. Chen; S. C. G. Tseng, ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2008
27.Responsible Enzymes for Elongation of Corneal Keratan Sulfate Carbohydrate Backbone T. O. Akama; K. Kitayama; Y. Hayashida; K. Nishida ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2008
温度応答性培養皿 を用いた培養ヒト口腔粘膜上皮シートの作製, 林田康隆,西田幸二,大和雅之,渡辺克彦,前田直之,渡辺仁,菊池明彦,岡野光夫,田野保雄, 第107回日本眼科学会総会 2003.4.17-20 福岡
温度応答性培養皿 を用いて作製・回収したヒト培養角膜上皮シートの組織化学的検討,西田幸二,大和雅之,林田康隆,渡辺克彦,前田直之,渡辺仁,菊池明彦,岡野光夫,田野保雄, 第107回日本眼科学会総会 2003.4.17-20 福岡
温度応答性培養皿 上で作成した培養角膜上皮シートにおける幹細胞保存状態の検討, 渡辺克彦,西田幸二,大和雅之,林田康隆,前田直之,渡辺仁,菊池明彦,岡野光夫,田野保雄, 第 6 回日本組織工学会 2003.6.12-13 早稲田
眼表面再建の為の温度応答性培養皿 を用いた培養ヒトロ口腔粘膜上皮シートの作製, 林田康隆,西田幸二,大和雅之,渡辺克彦,菊池明彦,岡野光夫,田野保雄, 第 6 回日本組織工学会 2003.6.12-13 早稲田
遺伝子治療への細胞シート応用の可能性, 林田康隆,西田幸二,大和雅之,渡辺克彦,前田直之,渡辺 仁,菊池明彦,岡野光夫,田野保 雄, 第25回日本炎症・再生医学会 2004.7.13-14 東京

■ 再生医療に関する主な学会発表(ポスター)
Sulfated Proteoglycans in the Corneal Stroma of Chst5–Null Mice P.N. Lewis; Y. Hayashida; R.D. Young; T.O. Akama; M.N. Fukada; B. Caterson; K. Nishida; A. Quantock ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2006
Isolation and Demonstration of Limbal Epithelial Progenitor Cells Deep in the Limbal Stroma. Y. Hayashida; W. Li; H. He; Y. Matsumoto; S.C. G. Tseng. ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2006
Investigation of Putative Stem/Progenitor Cells in Human Oral Mucosal Epithelial Cell Sheets Harvested From Temperature–Responsive Culture Surface. H. Sugiyama; M. Yamato; Y. Hayashida; T. Soma; R. Hayashi; H. Takayanagi; A. Kikuchi; T. Okano; Y. Tano; K. Nishida ARVO.Ft Lauderdale, FL May 2006
Use Of Self-assembling Peptide As Artificial Vitreous In Rabbits Yasutaka Hayashida; Koji Uesugi; Ryuhei Hayashi; Koichi Baba; Takeshi Soma; Motokazu Tsujikawa; Hidenori Yokoi; Kohji Nishida ARVO. April 2011 Ft Lauderdale, FL
Human Amniotic Epithelial Cells as Novel Feeder Layers for ex vivo Expansion of Multipotent Limbal Epithelial Progenitor Cells May 2007 ARVO. Ft Lauderdale, FL Y.-T. Chen; W. Li; Y. Hayashida; H. He; S.-Y. Chen; D. Y. Tseng; S. C. G. Tseng ARVO. May 2008 Ft Lauderdale, FL
Abnormal Epidermal Differentiation of Human Limbal Epithelial Cells Can Be Induced by Air Exposure Through p38 MAPK Signaling Pathway W. Li; H. He; Y.-T. Chen; Y. Hayashida; D. Y. Tseng; M. Alonso; S.-Y. Chen; X. Xi; S. C. G. Tseng, ARVO.Ft Lauderdale, FL May 2007
Heterogeneity of Limbal Basal Epithelial Progenitors and Their Interactions With Mesenchymal “Niche” Cells Y. Hayashida; W. Li; Y.-T. Chen; H. He; S.-Y. Chen; S. C. G. Tseng ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2007
Reversal of Myofibroblasts by Amniotic Membrane Stromal Extract S.-Y. Chen; W. Lee; H. He; Y.-T. Chen; Y. Hayashida; S. C. G. Tseng ARVO. Ft Lauderdale, FL May 2007

■ 主な論文
Uesugi K, Sakaguchi H, Hayashida Y, Hayashi R, Baba K, Suganuma Y, Yokoi H, Tsujikawa M, Nishida K. A Self-Assembling Peptide Gel as a Vitreous Substitute; A Rabbit Study. Invest Opthalmol Vis Sci. Invest Ophthalmol Vis Sci. 58(10):4068-4075, 2017
Chen SY, Hayashida Y, Chen MY, Xie HT, Tseng SC. A new isolation method of human limbal progenitor cells by maintaining close association with their niche cells. Tissue Eng Part C Methods. 17(5):537-48, 2011
Sheha H, Casas V, Hayashida Y. The use of amniotic membrane in reducing adhesions after strabismus surgery. J AAPOS. 13(1):99-101, 2009
Sugiyama H, Maeda K, Yamato M, Hayashi R, Soma T, Hayashida Y,Yang J, Shirakabe M, Matsuyama A, Kikuchi A, Sawa Y, Okano T, Tano Y, Nishida K. Human adipose tissue-derived mesenchymal stem cells as a novel feeder layer for epithelial cells.J Tissue Eng Regen Med. 2(7):445-9, 2008
He H, Li W, Chen SY, Zhang S, Chen YT, Hayashida Y,Zhu YT, Tseng SC. Suppression of activation and induction of apoptpsis in RAW264.7 cells by amniotic membrane extract. Invest Ophthalmol Vis Sci. 49(10):4468-75, 2008
Kheirkhah A, Blanco G, Casas V, Hayashida Y, Raju VK, Tseng SC. Surgical strategies for fornix reconstruction based on symblepharon severity. Am J Ophthalmol 146(2):266-275, 2008
Zhu YT, Hayashida Y, Kheirkhah A, He H, Chen SY, Tseng SC. Characterization and comparison of intercellular adherent junctions expressed by human corneal endothelial cells in vivo and in vitro. Invest Ophthalmol Vis Sci. 49(9):3879-86, 2008
Li W, He H, Chen YT,Hayashida Y, Tseng SC. Reversal of myofibroblasts by amniotic membrane stromal extract.J Cell Physiol 215(3):657-64, 2008
Li W, Hayashida Y, Chen YT, He H, Tseng DY, Alonso M, Chen SY, Xi X, Tseng SC. Air exposure induced squamous metaplasia of human limbal epithelium. Invest Ophthalmol Vis Sci. 49(1):154-62, 2008
Kitayama K, Hayashida Y, Nishida K, Akama TO. Enzymes responsible for synthesis of corneal keratan sulfate glycosaminoglycans. J Biol Chem. 12;282(41):30085-96, 2007
Kheirkhah A, Casas V, Blanco G, Li W, Hayashida Y,Chen YT, Tseng SC. Amniotic membrane transplantation with fibrin glue for conjunctivochalasis. Am J Ophthalmol 144(2):311-3, 2007
Chen YT, Li W, Hayashida Y, He H, Chen SY, Tseng DY, Kheirkhah A, Tseng SC. Human amniotic epithelial cells as novel feeder layers for promoting ex vivo expansion of limbal epithelial progenitor cells. Stem Cells. 25(8):1995-2005, 2007
Li W, Sabater AL, Chen YT, Hayashida Y,Chen SY, He H, Tseng SC. A novel method of isolation, preservation and expansion of human corneal endothelial cells. Invest Ophthalmol Vis Sci. 48(2):614-20, 2007
Li W, Hayashida Y,He H, Kuo CL, Tseng SC. The fate of limbal epithelial progenitor cells during explants culture on intact amniotic membrane. Invest Ophthalmol Vis Sci. 48(2):605-13, 2007
Li W, Hayashida Y,Chen YT, Tseng SC. Niche regulation of corneal epithelial stem cells at the limbus. Cell Res. 17(1):26-36, 2007
Yang J, Yamato M, Nishida K, Hayashida Y, Shimizu T, Kikuchi A, Tano Y, Okano T. Corneal epithelial stem cell delivery using cell sheet engineering: not lost in translation.J Drug Target 14(7):471-82, 2006
Watanabe K, Yamato M, Hayashida Y,Yang J, Kikuchi A, Okano T, Tano Y, Nishida K. Development of transplantable genetically modified corneal epithelial cell sheets for gene therapy. Biomaterials 28(4):745-9, 2007
Hayashida Y, Akama TO, Beecher N, Lewis P, Young RD, Meek KM, Kerr B, Hughes CE, Caterson B, Tanigami A, Nakayama J, Fukada MN, Tano Y, Nishida K, Quantock AJ. Matrix morphogenesis in cornea is mediated by the modification of keratan sulfate by GlcNAc 6-O-sulfotransferase. Proc Natl Acad Sci USA. 5;103(36):13333-8, 2006
Hayashida Y, Nishida K, Yamato M, Yang J, Sugiyama H, Watanabe K, Hori Y, Maeda N, Kikuchi A, Okano T, Tano Y. Transplantation of tissue-engineered epithleial cell sheets after excimer laser photoablation reduces postoperative haze. Invest Ophthalmol Vis Sci. 47(2):552-7, 2006
Sumide T, Nishida K, Yamato M, Ide T, Hayashida Y, Watanabe K, Yang J, Kohno C, Kikuchi A, Maeda N, Watanabe H, Okano T, Tano Y. Functional human corneal endothelial cell sheets harvested from temperature-responsive culture surfaces. FASEB J. 20(2):392-4, 2006
Young RD, Tudor D, Hayes AJ, Kerr B, Hayashida Y, Nishida K, Meek KM, Caterson B, Quantock AJ. Atypical composition and ultrastructure of proteoplycans in the mouse corneal stroma. Invest Ophthalmol Vis Sci. 46(6):1973-8, 2005
Hayashida Y,Nishida K, Yamato M, Watanabe K, Maeda N, Watanabe H, Kikuchi A, Okano T, Tano Y. Ocular surface reconstruction using autologous rabbit oral mucosal epithelial sheets fabricated ex vivo on a temperature responsive culture surface. Invest Ophthalmol Vis Sci. 46(5):1632-9, 2005
Nishida K, Yamato M,Hayashida Y,Watanabe K, Yamamoto K, Adachi E, Nagai S, Kikuchi A, Maeda N, Watanabe H, Okano T, Tano Y. Corneal reconstruction with tissue-engineered cell sheets composed of autologous oral mucosal epithelium.N Engl J Med. 16;351(12):1187-96, 2004
Nishida K, Yamato M, Hayashida Y, Watanabe K, Maeda N, Watanabe H, Yamamoto K, Nagai S, Kikuchi A, Tano Y, Okano T. Functional bioengineered corneal epithelial sheet grafts from corneal stem cells expanded ex vivo on a temperature-responsive cell culture surface.Transplantation. 15;77(3):379-85, 2004
Kiuchi Y, Okada K, Ito N, Hayashida Y, Fukui K, Ohnishi T, Ishimoto I, Saitoh Y. Effect of a single drop of latanoprost on intraocular pressure and blood-aqueous barrier permeability in patients with uveitis. Kobe J Med Sci. 48(5-6):153-9, 2002
メディア・取材に関する
お問合せはこちらから
顧問医師
近畿大学医学部皮膚科客員教授・日本抗加齢医学会理事長/
日本化粧療法学会理事長/大阪公立大学医学部皮膚科客員教授

山田 秀和

Yamada Hidekazu

前、近畿大学医学部奈良病院皮膚科教授及び同アンチエイジング副センター長で、老化の指標となり得るEpigenetic Aging Clockの研究を中心に研究を続ける抗加齢医学のスペシャリストです。 人生100年時代と言われ、老化を疾患として捉え治療していくこれからの時代に向けて、健康寿命をいかに伸ばすかをテーマに老化をコントロールしていくことを目指します。 皮膚科領域では一般の皮膚科診療はもちろんのこと、レーザー治療のスペシャリストでもあり、シミのお悩みなどは是非ご相談下さい。 その他の分野においても領域にとらわれず、医療全分野の文献を研究、予防医学の観点から診療にあたり、文化人類学、社会学等にも造詣が深く、「日常に届く医療」をモットーに診療にあたります。 著書や論文は多数ありますが、Medical Tribune社の「ピコ秒レーザーの使用法」はピコセカンドレーザーの教科書として特に多くの医師から支持されています。

当医院における担当領域

■ アンチエイジング外来
■ 皮膚科・美容皮膚科(レーザー治療等)
■ 再生医療

所属学会・団体

■ 日本皮膚科学会(専門医)
■ 日本東洋医学会(専門医・指導医)
■ 日本アレルギー学会(指導医)
■ 日本抗加齢医学会(専門医)
■ 日本再生医療学会

再生医療に関するセミナー・活動

■ 代表論文
1. [Erratum : EVALUATION OF DRUG ERUPTION RELATED HELICOBACTER PYLORI ERADICATION THERAPY.Yoko Yamamoto; Yushiro Ohara; Erina Nishizaki; Takashi Hosomoto; Nozomi Yoshioka; Mutuko Muramoto; Rieko Isogai; Hidekazu Yamada: Allergy 67 (9) 1286 - 1286 2018
2. Japanese guidelines for atopic dermatitis 2017.
Ichiro Katayama; Michiko Aihara; Yukihiro Ohya; Hidehisa Saeki; Naoki Shimojo; Shunsuke Shoji; Masami Taniguchi; Hidekazu Yamada:Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology 66 (2) 230 - 247 2017/04
3. Age-related morphometric changes of inner structures of the skin assessed by in vivo reflectance confocal microscopy.Kaori Kawasaki; Kiyofumi Yamanishi; Hidekazu Yamada:International journal of dermatology 54 (3) 295 - 301 2015/03
4. Japanese Guideline for Atopic Dermatitis 2014.Ichiro Katayama; Yoichi Kohno; Kazuo Akiyama; Michiko Aihara; Naomi Kondo; Hidehisa Saeki; Shunsuke Shoji; Hidekazu Yamada; Koichiro Nakamura:Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology 63 (3) 377 - 98 2014/09
5. Factors involved in the development of diaper-area granuloma of the aged. Rieko Isogai; Hidekazu Yamada:The Journal of dermatology WILEY-BLACKWELL 40 (12) 1038 - 41 0385- 2407 2013/12 [Refereed]
6. [Natural history of atopic dermatitis-outside-inside-outside story-]. Hidekazu Yamada :Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology 3 33 (3) 118 - 25 0911-4300 2010 [Refereed]
7. Survey of Relationship between Measurement of Abdominal Circumference and Metabolic Syndrome on New Health Check in University Naohito Kawasaki; Tadao Takashima; Kazunori Sagawa; Hidekazu Yamada; Katsuhisa Shindo; Kazuaki Kakehi :YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN PHARMACEUTICAL SOC JAPAN 129 (8) 965 - 974 0031-6903 2009/08 [Refereed]
8. Randomized clinical trial comparing 5% and 1% topical minoxidil for the treatment of androgenetic alopecia in Japanese men. Ryoji Tsuboi; Osamu Arano; Tooru Nishikawa; Hidekazu Yamada; Kensei Katsuoka The Journal of dermatology WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC 36 (8) 437 - 46 0385- 2407 2009/08 [Refereed]
9. 「医食同源」または「食物アレルギー」 山田 秀和  大阪保険医雑誌 大阪府保険医協会 (12) 2007/12
10. 水泳プール授業時のサンスクリーン剤使用 西井貴美子; 山田 秀和; 笹川征雄; 平山公三; 櫻井真也; 船井龍彦; 二村省三; 寺尾祐一; 酒谷省子; 東 禹彦; 夜久正治; 吉川剛司 The EM 教育医事新聞 (株)教育医事新聞社 10 - 20 2007/06
11. アンケート特集 「湿疹」という診断名を日常診療で使いますか? "湿疹"病名はなくならない 山田 秀和 皮膚病診療 (株)協和企画 29 (3) 343 - 344 0387-7531 2007/03
12. アトピー性皮膚炎発症要因調査の試み 青木敏之; 山田 秀和; 笹川征雄; 北村公一; 遠藤秀彦; 平山公三; 幸野 健; 長野拓三; 櫻井真也; 玉置昭治 日本臨床皮膚科医会雑誌 日本臨床皮膚科医会 24 (3) 36 - 42 2007
13. A randomized, placebo-controlled trial of 1% topical minoxidil solution in the treatment of androgenetic alopecia in Japanese women Ryoji Tsuboi; Takao Tanaka; Tooru Nishikawa; Rie Ueki; Hidekazu Yamada; Kensei Katsuoka; Hideoki Ogawa; Katsuyuki Takeda EUROPEAN JOURNAL OF DERMATOLOGY JOHN LIBBEY EUROTEXT LTD 17 (1) 37 - 44 1167-1122 2007/01 [Refereed]
14. 酒さ:山田 秀和 アレルギーの臨床. 25 81 - 81 2005
15. A case of Actinic Keratosis successfully treated with electron beam therapy
熊本 貴之; 杉原 和子; 山田 秀和; 岡嶋 馨 皮膚の科学 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 3 (6) 563 - 566 1347-1813 2004/12
16. 外科的切除にて治癒した表在性・深在性混合型リンパ管腫の1例 磯貝 理恵子; 川田 暁; 荒金 兆典; 手塚 正; 杉原 和子; 山田 秀和; 中野 敦 皮膚の科学 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2 (5) 466 - 470 1347-1813 2003/10
17. 腹腔鏡下手術後に生じた臍部のケロイド 松下 記代美; 山田 秀和; 荒金 兆典; 川田 暁; 手塚 正; 今野 元博 皮膚の科学 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2 (5) 462 - 465 1347-1813 2003/10
18. A case of hepatocellular carcinoma found in pruritus cutaneus 柳下 晃一; 杉原 和子; 山田 秀和 SKIN RESEARCH 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2 (4) 282 - 284 1347- 1813 2003/08
19. A case of neurilemmoma arising from the sural nerve 柳下 晃一; 杉原 和子; 山田 秀和 SKIN RESEARCH 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2 (4) 327 - 329 1347- 1813 2003/08
20. A case of scrotal calcinosis 柳下 晃一; 杉原 和子; 山田 秀和 SKIN RESAERCH 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 2 (4) 310 - 312 1347- 1813 2003/08
21. アトピー性皮膚炎の治療戦略―痒みへの対応を中心に― 山田 秀和; 吉川 邦彦; 片岡 葉子; 長野 拓三 Medical Triburn Medical Triburn (株)メディカルトリビューン 2 49 - 50 2003
22. IFN-gamma-inducible expression of thymus and activation-regulated chemokine/CCL17 and macrophage-derived chemokine/CCL22 in epidermal keratinocytes and their roles in atopic dermatitis. Tatsuya Horikawa; Takashi Nakayama; Ichiro Hikita; Hidekazu Yamada; Ryuichi Fujisawa; Toshinori Bito; Susumu Harada; Atsushi Fukunaga; David Chantry; Patrick W Gray; Atsushi Morita; Ryuji Suzuki; Tadashi Tezuka; Masamitsu Ichihashi; Osamu Yoshie :International immunology OXFORD UNIV PRESS 14 (7) 767 - 73 0953-8178 2002/07
23. 針治療の併用によって改善がみられた難治性ガングリオン及び指趾粘液嚢腫 古賀 千律子; 荒金 兆典; 山田 秀和; 川田 暁; 手塚 正; 永澤 充子; 三沢 英世; 遠田 裕政 皮膚の科学 日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会 1 (2) 113 - 117 1347-1813 2002/04
24. Inducible expression of a CC chemokine liver- and activation-regulated chemokine (LARC)/macrophage inflammatory protein (MIP)-3 alpha/CCL20 by epidermal keratinocytes and its role in atopic dermatitis T Nakayama; R Fujisawa; H Yamada; T Horikawa; H Kawasaki; K Hieshima; D Izawa; S Fujiie; T Tezuka; O Yoshie NTERNATIONAL IMMUNOLOGY OXFORD UNIV PRESS 13 (1) 95 - 103 0953-8178 2001/01
25. 皮膚とケモカイン 山田 秀和 日本皮膚科学会誌 日本皮膚科学会専門医テキスト集 111 (3) 144 - 158 2000
26. アトピー性皮膚炎の漢方治療シンポジウム皮膚症状からのアプローチII 山田 秀和 実地医家のためのThe Kampo 6 38 - 39 2000
27. カラーライブラリー Nevus Lipomatosus Cutaneous Superficialis松下 記代美; 阪本 ゆり; 杉原 和子; 荒金 兆典; 山田 秀和; 川田 暁; 手塚 正 皮膚 (社)日本皮膚科学会-大阪地方会 41 (4) 407 - 408 0018-1390 1999/08
28. Steroid-induced changes of eosinophils in atopic dermatitis M Matsukura; H Yamada; T Yudate; T Tezuka; J ChiharINTERNATIONAL ARCHIVES OF ALLERGY AND IMMUNOLOGY KARGER 114 51 - 54 1018- 2438 1997 [Refereed]

メディア出演情報・書籍

■ 代表書籍
1. 現場レベルでの皮膚測定・評価~トラブル事例・対策~, かゆみの測定・評価のトラブル事例と対策 山田 秀和 (Joint work)サイエンス&テクノロジー 2007/02
2. 皮膚科診療のコツと落とし穴1症候・症状・診断・検査, 全身の痒みを訴えているときに、どのように鑑 別していくか? 山田 秀和 (Joint work)中山書店 2006/09
3. 皮膚科診療のコツと落とし穴2疾患I, レーザー治療における機器とその疾患の選択 山田 秀和 (Joint work)中山書店 2006/08
4. 皮膚科疾患最新の治療2007-2008, 酒さ様皮膚炎 山田 秀和 (Single work)南江堂 2006/03
5. 皮膚科疾患最新の治療2005-2006 南光堂 2005
6. 小児疾患の身近な漢方療法3, アトピー性皮膚炎における免疫抑制外用剤と漢方治療 山田 秀和 (Joint work)メディカルビュー社 2004
7. 小児疾患の身近な漢方療法3 メディカルビュー社 2004
8. 最新皮膚科学大系 全身疾患と皮膚病変 中山書店 2003
9. Functional cosmetology Substantiation of cosmetic Efficacy 2003
10. 臨床看護 へるす出版 2002
11. 発熱をともなう発疹 臨牀看護 2002
12. 急性期病院での皮膚科医の将来 臨床皮膚科 2002
13. かゆみ抑制化粧品 化粧品の有用性 2001
14. 汗孔角化症 皮膚疾患最新の治療2001-2002 2000
15. 実地医家のためのThe Kampo アトピー性皮膚炎の漢方治療シンポジウム 皮膚症状からのアプローチII ジャパンマーケティングサービス 2000
16. やさしいアトピー性皮膚炎の自己管理-外用剤 医薬ジャーナル 2000
17. アトピー性皮膚炎の掻痒に及ぼす環境要因-イッチング・バス・スケールを用いて- 痒みシンポジウム(8)・メディカルジャーナル 1999
18. 大腸病変 皮膚科診療プラクティス6・文光堂 1999
メディア・取材に関する
お問合せはこちらから
医師
麻酔科標榜医・認定医

中村 萌

nakamura moe
医師
麻酔科標榜医・認定医

中村 萌

nakamura moe

当医院における担当領域

■ 慢性疼痛
■ 幹細胞治療
医師
内科医師・自然療法師

中村 裕恵

nakamura hiroe
医師
内科医師・自然療法師

中村 裕恵

nakamura hiroe

当医院における担当領域

■ 総合内科
■ 消化器内科
■ 統合医療
■ 自然療法

経歴と資格

■ 日本内科学会認定内科専門医
■ 日本消化器病学会認定専門医
■ 分子整合医学美容食育協会 認定ファスティング・エキスパート
■ 日本リビングビューティー協会 認定リビングジュースマイスター
■ オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス社認定 国際プラクティショナー

主な出版物・共書物

ご予約