ワイズサイエンスクリニック

Adress :

東京都港区南麻布5-15-27 広尾REEPLEX B's 6F

Google map

Office hours :

診療時間 日/祝
10:30~18:00
(最終受付17:00)
診療時間 10:30~18:00
(最終受付17:00)
日/祝

※予約制です ※駐車スペースあり ※年末年始除く

ご予約

お電話からのご予約も受付けております

美容皮膚科

C o s m e t i c d e r m a t o l o g y

美容皮膚科とは

01

美容皮膚科とは、主に皮膚の疾患を治療する皮膚科に対して、更なる肌の美しさを求める治療を行う科と言えます。例えばシミ治療のレーザーもその治療になりますが、さらに肌にハリやツヤを与えるために行うレーザー治療やダーマペンなどによる治療、シワやたるみ改善目的のボトックスやヒアルロン酸注入療法なども美容皮膚科の治療となります。赤みや毛穴の治療なども行います。

具体的な治療

02

プレミアムACRS療法[自己サイトカインリッチ血清]
(当院オリジナル/エクソソームとの併用)

肌再生および発毛・育毛効果の高い成長因子を高濃度で抽出
PRPの進化版とも言える効果が期待できる

「自己サイトカインリッチ血清療法」とは、患者様自身の血液中の抗炎症性サイトカインを増やして顔や頭皮などの局所投与、場合によっては点滴投与を行う治療です。肌のハリや艶・弾力性の回復、皺の改善に効果的です。また抗炎症作用がありますので、ニキビや炎症性肌疾患にも効果が期待できます。さらに頭皮に注射することで薄毛や脱毛症の治療効果も高いです。患者様ご自身の血液から抽出しており、また一切の添加物は使用していませんので非常に安全性の高い治療です。

NMN点滴療法
[Nicotinamide Mononucleotide/(ニコチンアミドモノヌクレオチド)]

若返り効果が発見された次世代のエイジングケア

NMNは、ハーバード大学をはじめ世界の研究者たちが今もっとも注目する成分で、21世紀の「若返り薬」として多方面から期待されています。NMNはビタミンB3(ナイアシン)を材料に私たちの体の中で自然につくられています。この成分は老化を抑えるカギとして世界中でさまざまな研究が行われ、サプリメントへの応用や、私のクリニックをはじめ、美容・アンチエイジング医療の現場でもすでに活用されています。NMNを摂取することによって、体内で加齢によって減少する生体内物質(NAD+)へと変換されることで、サーチュイン遺伝子を活性化させて加齢の速度を遅らせると言われています。このNMNを点滴によって、体内に投与することによって、ダイレクトに効果が期待できます。

高濃度ビタミンC点滴

年々増えてくるシミへの力強いサポーター

高濃度ビタミンC点滴では、多量のビタミンCを直接体内に投与し、ビタミンC血中濃度を高濃度にすることで、下記に示すさまざまな効果が期待できます。ビタミンCには、有害な活性酸素に対する抗酸化作用が非常に強く、また、シミのもととなるメラニンを減らすことによる美白効果、肌のハリ・弾力のもととなるコラーゲン合成促進作用、免疫増強作用などが報告されています。また、高濃度ビタミンC点滴療法は風邪やウイルス性疾患の予防(免疫向上)や疲労回復にも有効的で、がん治療の新たな代替療法として、有効性が確認され国内でも普及しつつあります。
ビタミンCは抗ウイルス効果があることが知られており、最近の報告によると、高濃度治療はCOVID-19患者に有益な効果を示しています。

点滴開始前の検査

G6PD欠損症の方が高濃度ビタミンC点滴療法を受けると、高確率で溶血性貧血を発症するため、1週間に25g以上のビタミンC点滴をされる方は治療前に、G6PD欠損症の検査を受けていただくことを推奨しています。

副作用

*点滴刺入部位、あるいは周囲の痛み
比較的多くみられる症状で、ビタミンCの粘稠度による浸透圧や点滴速度、血管の状態などによって、引き起こすことがあリます。
温めたり、点滴の速度をゆっくりすることで軽減します。
*口渇感および倦怠感
これは、おもにビタミンCの抗ヒスタミン作用によると考えられています。
(抗ヒスタミン作用:花粉症のお薬を飲むと眠くなると同じメカニズムによるもので、一時的なのものなので特に心配はありません。)
施術を受けられない方
*G6PD欠損症の方
*腎機能の低い方や透析中の方
*脱水症状を起こしている方
*腹水のある方、症状が極端に悪化されている方

プラセンタ点滴

年々増えてくるシミへの力強いサポーター

プラセンタとは胎盤のことで、胎盤にはアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど多くの成分が含まれています。日本では50年以上前からプラセンタ由来の薬剤(ラエンネック)が肝機能障害などを対象に保険適応があります。プラセンタ(胎盤)抽出物は肝機能改善効果以外に、アトピー性皮膚炎、神経痛、関節痛などにキシロカインと混ぜて使用され、さまざまな疾患への効果が注目されており、抗炎症作用、鎮痛作用、および抗酸化作用などを示す可能性が示唆され、幅広い分野で期待されています。近年、エイジングケアの領域でも注目されています。プラセンタは、サプリメントという形で服用してもらったり、点滴や注射で投与したりしています。点滴や注射による投与が一番、効果が実感できます。安全で効果の高いプラセンタ療法は、さまざまな病気への効果が解明されるにつれて、現在では内科、整形外科、婦人科、皮膚科、心療内科、耳鼻科、歯科、眼科などで、幅広く活用されています。そしてプラセンタの機能の高さは、美容の観点からも注目が集まっています。とくに効果が期待できるのは、抗老化作用(エイジングケア)。美肌目的のためのプラセンタ注射は普及してきています。

プラセンタの美容効果

・シミの改善
プラセンタは、シミに対する効果が非常に高いと評価されています。その理由は、メラニンの抑制効果があるからです。プラセンタは、メラニン生成の最初の段階をブロックすることによって、メラニンを抑制し、結果としてシミへの高い抑制効果を期待できるのです。

・肌のハリ・弾力性
プラセンタは、肌にハリや弾力を与える効果もあります。それは、プラセンタ自体が「III型コラーゲン」を増やすからです。人の肌にあるコラーゲンの多くは、「I型コラーゲン」と「III型コラーゲン」で構成されています。そのうち「III型コラーゲン」は、「ベビーコラーゲン」とも呼ばれています。その理由は、赤ちゃんの肌にたくさん含まれているからです。赤ちゃんの肌が柔らかく、ハリと弾力があるのは、「III型コラーゲン」がたくさん含まれているからなのです。プラセンタは、「III型コラーゲン」を増やしてくれるので、肌にハリを与えてくれます。そして、プラセンタは、肌の水分保持量も上げる作用があり、肌への高い保湿効果が期待できます。さらに、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出す「線維芽(せんいが)細胞」を活性化させるので、ハリや弾力性も上げてくれます。

・年齢肌に打ち勝つ抗酸化効果
プラセンタには、抗酸化作用もあります。紫外線を浴びると、体の中で活性 酸素ができます。この活性酸素は、皮膚の表皮でできるとメラニン生成の原因となるほか、体内の細胞にも損害を与えます。
プラセンタには、その活性酸素を無毒化する効果があり、活性酸素による損害を修復していく抗酸化作用も期待できるのです。それに加えて、プラセンタには老化を抑える抗老化作用や、日焼けによる炎症を抑える抗炎症作用といった機能もあります。また、肌のターンオーバーを正常化させ、肌の再生能力を高めることも期待できます。

フォトフェイシャルM22

M22は、7種類の光(波長)からなり、一人一人の肌の状態や悩みに応じて最適な光(波長)を選択することができるため、今までのフォトフェイシャルよりも高い治療効果が得られます。シミ、そばかす、肝斑のみならず赤ら顔やニキビ跡の赤みにも効果があります。さらに照射することでコラーゲンが増生され、肌のハリやキメも整うため、総合的な美肌効果を得られます。
一回の照射で効果が見られますが、繰り返し治療を受けて頂くとより透明感のある均一な肌色を得ることができます。
IPLは黒い色素や赤い色素に吸収される性質があり、表皮層のメラニン色素に反応することで、広範囲のシミやくすみ、そばかす、肝斑を薄くします。赤血球に反応するため、赤ら顔、ニキビ跡の赤味にも効果が期待できます。肌のコラーゲンにも作用し、ハリ、小じわ、毛穴も改善されます。回数を重ね、肌全体の悩みをトータル的に改善します。IPLは肌に優しい光のため素肌を傷付けることはなく、施術中はゴムで弾かれるような軽い刺激を感じる程度です。ダウンタイムがなく施術直後からメイク可能です。
フォトフェイシャルM22は厚生労働省より薬事承認を受けている医療機器です。従来のフォトフェイシャルと比べ光の波長の選択肢が増え、出方をより細かく設定できます。お悩みに応じてよりきめ細やかな治療が可能です。

メカニズム

シミやくすみは蓄積されたメラニンが顕在化したものです。肌は紫外線や摩擦などの刺激を受けると、皮膚に存在するメラノサイトが活性化してメラニン色素が作り出されます。作り出されたメラニンは肌のターンオーバーによって角質やアカとなってはがれ落ちますが、日焼けによってメラニンが過剰に生成されたり加齢によってターンオーバーが乱れたりすると、メラニンが蓄積されやすくなります。
フォトフェイシャルM22を肌に照射すると黒いメラニン色素に選択的に吸収され、それにより発生した熱の作用によってメラニンが破壊されます。分解されたメラニンは、老廃物として皮膚のターンオーバーにより排出が促され、肌の表面に浮き上がって徐々にはがれ落ちます。

こんな方におすすめ

①シミ・そばかす
シミやくすみは蓄積されたメラニンが顕在化したものです。
肌は紫外線や摩擦などの刺激を受けると、皮膚に存在するメラノサイトが活性化してメラニン色素が作り出されます。
M22はメラニンに吸収される波長を選択的に照射することで、色素が分解され、広範囲のシミやくすみ、そばかすを薄くします。

②肝斑
肝斑は30~40代の女性に多く、通常のシミと違い、メラニンを作るメラノサイトが少しの刺激で活性化しやすい状態になっているため、誤った治療を行うとむしろ悪化する可能性があります。
M22は肝斑にあった波長をマイルドに照射することにより、肝斑を薄くすることができます。

③赤ら顔
赤ら顔は毛細血管が何らかの原因で拡張して血流量が増加し、顔面のほてりや赤みが生じた状態です。
毛細血管拡張専用フィルターを使用することで、赤ら顔の原因であるヘモグロビンに選択的に吸収される波長を照射でき赤みを抑えることができます。

④ニキビ、ニキビ跡の赤み
当院はニキビ専用フィルターを導入しています。このフィルターはニキビ菌の殺菌作用があり、炎症性ニキビの改善や予防効果が期待できます。また、色素に反応するためニキビ跡の色素沈着を薄くすることができ、毛細血管を破壊しニキビ跡の赤みも薄くします。

⑤ハリつや、毛穴、小じわ
真皮のコラーゲン線維や線維芽細胞を活性化するので、お肌全体にハリとつやが出ます。
ハリが出ることにより、毛穴や目元の小じわも目立たなくなります。

M22ができない方

妊娠中・授乳中・ケロイド体質・光過敏症・日焼けしている方

しみ取り治療「ピコレーザー」

当院ではキュテラ(CUTERA)社のピコレーザー・エンライトン(enlighten)SR(厚生労働省承認医療機器)を導入し、「ピコレーザー(しみ)」「ピコトーニング」「ピコフラクショナル(MLA)」を行っております。
最新鋭のピコレーザーが、しみ・そばかす・くすみなどのお肌の悩みを改善します。
シミだけを瞬時にピンポイントで照射することで、健康な肌にはダメージを与えずに、シミを薄いカサブタにして除去します。「濃いシミ」はもちろん、従来の光治療等では改善しにくかった「薄いシミ」にも非常に高い効果を発揮します。従来のレーザー機器と違い、施術後のガーゼ処置がほぼ不要な点も大きな特長です。「エンライトンSR」はピコ(1兆分の1)秒という驚異的に短い周期でレーザーを照射して、肌にほとんどダメージを与えずにメラニンだけを微粉砕します。これまでのレーザー機器や光治療機器では取り切れなかったシミやくすみを短時間で効率的に除去するとともに、肌自体の若返りにも優れた効果を発揮します。

こんな方におすすめ

シミ(老人性色素斑・雀卵斑・真皮メラノサイトーシス)を除去したい

「ピコトーニング」美肌治療

レーザーは照射時間が短いほど、肌へのダメージも少なく、より効果的にシミ・くすみに反応します。ピコトーニングは「ピコ秒」(1兆分の1)という極めて短い照射時間により、最小限のレーザー出力で最大限の効果を発揮し、確実な効果を実感する事ができます。肌や周辺組織に余計なダメージをなるべく与えない効果的な治療が実現しました。肌にも優しく、通常のトーニングよりも早く、シミ戻りもしにくく、少ない回数で優れたホワイトニング効果が得られる画期的なレーザー治療です。

ピコフラクショナル(MLA)

従来のフラクショナルレーザー治療は、皮膚表面に極小の穴を明けて肌を再生させるという方法で、照射の痛みが強く、ダウンタイムが長く発生するという弱点がありました。ピコレーザーフラクショナルは、従来のレーザーに比べて皮膚表面にほぼダメージを与えずに、少ない回数で効果が得られるのが大きな特徴です。高密度のレーザーの照射による衝撃波で表皮内に微小の空洞を作り、コラーゲン生成を活発化し、またエラスチンの再生を高め、肌質を改善する治療です。

ピコフラクショナル(MLA)の特徴

◆ニキビ跡・毛穴のひらき・肌質改善
◆シワ・たるみの改善

施術のご注意・アフターケア

◆ゴムで弾かれたような痛みがあります。
◆照射の強さにより麻酔クリームが必要な場合があります。
◆施術後の赤み等は個人差がありますが、2〜3日から長くても1週間で引いていきます。
◆施術後のお肌は一時的な炎症による乾燥が強くなりますので、しっかりと保湿をしてください。
◆お化粧は翌日より可能です。
◆治療回数は元々の肌の状態や満足度によっても個人差があります。

  • シワやたるみに対するボトックス注射およびヒアルロン酸製剤やコラーゲン製剤などのフィラーによる治療(陥凹の修正、鼻筋を作るなどもヒアルロン酸製剤による治療で行います。)

  • プラセンタや幹細胞上清によるメソセラピー(顔への注射)

  • フェイスリフト目的で行うスレッドリフト(糸による引き上げ)治療

  • 自己血によるサイトカインリッチ血清を用いたメソセラピー(顔への注射)

  • ハイドラフェイシャルによる肌の角質除去・ダーマドロップによる保湿や肌質改善・ハイフやエンディメッドによる顔の引き締めとフェイスリフト・ハイパーやセルアクターによる顔のたるみ(脂肪)に対する治療

Column

コラム 研究結果や最新の
医療情報などをお届けします
痩身治療
痩身治療
ご予約